えたいのしれないなにか

ちらしのうらとかそういったたぐいのものかもしれないね(てつがく)

シャーペン

適当に作ったチラシの裏の存在をすっかり忘れていた。三日坊主とはまさにこのことか。
まとまった金があったので気になってたシャーペン買ったら間違えて(棒読み)ギミック系をいくつか買い足してしまったので画像投稿テストも兼ねて紹介します。


OHTO コンセプション
f:id:Lounge:20160521110648j:plain
二つのモードを切り替えて使えるなんたらかんたら。個人的には黒が欲しかったけど在庫なかったししょうがないね。細身でグリップは滑りやすい。芯の長さ調整できるのはありがたいけどパッケージに謳われてた「芯を出さずに書ける折れないモード」ってのは嘘だな。パイプが紙に引っかかるのでもう1ノックして書くのが良さそう。


OHTO スーパープロメカ
f:id:Lounge:20160521111131j:plain
長い、重い、ネジ多い。ローレット加工のおかげでグリップは安定感がある。中の軸曲がってるんだけどデフォルトなんですかね?キャップにもろ影響出ててノック時にめっちゃ引っかかるしいつかキャップがひしゃげるんじゃないかと心配でならない。


プラチナ オ・レーヌシールド
f:id:Lounge:20160521111629j:plain
上二つと値段7倍くらい違うけど本命はこれ。どこ探してもなくて丸善で見つけたときは泣いた。200円シャープなのに。最近流行りの折れない構造搭載謳ってる割には普通のシャーペンでさりげなくギミック載ってる感じ。ラバーグリップなので安定感はある。


200円シャープ買うために3000円使ったの冷静に考えてアホすぎる。節約します。