読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えたいのしれないなにか

ちらしのうらとかそういったたぐいのものかもしれないね(てつがく)

おばかのはなし

予想通り模試爆死した。第一志望をゆずりまくりんぐである。いわゆるカス。

全然暇じゃないが大学が遠ざかり暇になったので、ノリと勢いで始めたこれ(this)の再定義をしようと思い立った。一連の行動を心理学では現実逃避と言います。

チラシの裏といえば、某笛吹きなる小説投稿サイトには「チラシの裏投稿」なる投稿方法がある。こいつの存在意義が私にはさっぱりわからない。小説投稿サイトに書いたもの投稿するんだからみんなに作品を見てもらいたいという心理が働いているはずだし、投稿したけど見てほしいわけじゃないねんというちょっとひねくれた天才作家のために非公開という投稿方法も笛吹きは用意してくれているのだ。それではこの「チラシの裏投稿」はなんのためにあるのだろうか。この投稿方法を選ぶ作家先生の皆様にはなにかやんごとなき事情でもあるというのだろうか。どうでもいいが私が某笛吹きに書いたもの捨てる時の心理は「ぼくの欲望ぶちまけたくっさいシコティッシュ見て☺」というものです。

さて、再定義のお時間だウホホイウッホッホ(^o^)とマイページを開いて昨日の記事を見てみたらば、なんとまだシコってないのに賢者タイムが開幕してしまった。自分でブログ書くってシコるのと同義なんスね…また一つ賢くなれた。されど成績は上がらず、大学はまだまだ遠い。

仕方ないのではてブのトップに出てくる記事を眺める。驚愕の事実が一つあった。
はてブのブロガーって課金してアフィリエイトやってるんすね…やばない?
あたまゆるゆるインターネッツを実践してる私には理解しがたい。

というわけで、再定義は失敗しました。当分えたいのしれないなにかとしてやってまいりますぅ。



livedoorに放置してる某ワンとかいう爆破実験場跡地はどうしようかな…まだ運用する必要あるのだが。

てすと

完璧な深夜テンションではてブ登録したはいいけど、冷静に考えて書くこともないしシコったら深夜テンション抜けてレッツゴー賢者タイムといった趣だしで悲惨きわまりない。

模試を明日に控えて今日付が変わらんとしているこのタイミング、妙に冴えてる頭でそもそもなんではてブ登録する気になったのか考えてみたら
「よくツイッターで流れてくる文才溢れる天才ブログって何故かはてブ多いよな…せや!ワイもはてブ登録してブログ書いてみたら天才たちの感覚がわかるんとちゃうか?」
とかいう若干、いやかなり頭の弱い理由で深夜テンションに突入したのだった。そんな弱い頭してるから浪人すんねん。

ここまで書くと眠くなってきた。模試に備えて寝ようと思う。

ぽやしみ。