えたいのしれないなにか

ちらしのうらとかそういったたぐいのものかもしれないね(てつがく)

振り返り

書こう書こうと思いながら二ヶ月ほったらかしにしていましたが、さすがに年が変わる前には書かなければと決意してようやく書き込みページを開きました。

今年どのチームよりも多くの試合を戦い抜き、秋めく福岡の地に散った、かの野球チームの一年の個人的振り返りをしたいと思います。


開幕前、ベイスターズは4位になるだろうと予想しました。大型補強を行った巨人と昨年の覇者広島の強さは揺るがず、5位の阪神は戦力把握が済んで伸びてくるだろうと思ったためです。
実際ベイスターズの春は厳しいものになり、阪神は予想通り上位に位置していました。巨人は補強が片端から不発に終わりながらも順調に戦いを進めていました。

戦況が大きく動いたのは交流戦でした。今年は例年と異なりセリーグが一方的に負ける展開ではなく、3球団が交流戦を5割以上で終えることに成功しました。ここで巨人が脱落しベイスターズはAクラス入りを果たします。阪神も8連敗でペナントレースからほぼ脱落し、広島独走体制が構築される中でCS争いが激化。ベイスターズは2位を目指して突っ走りますが、夏場からBクラスの危機に立たされた巨人が主力をベイスターズにぶつけ続けゲーム差をじわりじわりと詰めてきました。最終盤までリーグトップクラスの表ローテをぶつけられてはさしものベイスターズも苦戦しましたが、紙一重でAクラスに滑り込んでシーズンを終えました。

そして迎えたCS、泥まみれの甲子園で勝利をおさめ、第3戦も勝ってなんとか広島行きの切符を手にしたベイスターズは加速します。初戦は落とすも4連勝でそのまま日本シリーズへ。予想だにしなかった展開に笑いが止まりませんでした。

必ず帰ると誓って横浜を発ったブルースターエクスプレスは西へ西へと走り続け、福岡の地にたどり着きました。結局福岡ではひとつも勝てなかったけれど、ストレート負けの危機に土俵際で踏ん張ったあたりは伊達にCSを勝ち抜いてきていないと感じました。


今年にあって、昨年になかったもの。それはきっと計算できる助っ人ピッチャーだったでしょう。10勝を挙げたウィーランドは言わずもがな、勝ちパターンに定着したパットンに便利屋左腕としてブルペンを救ったエスコバーなど去年は穴だらけだった助っ人が大きく助けになりました。特にエスコバーは日本ハムで典型的ダメ助っ人だったのにベイスターズに来てからああなったのは何故なのでしょうか。移籍時は全く期待してなかったことを土下座して謝らなければならないほど戦力になってくれました。

翻って野手に大きな変動は見られませんでした。終盤に柴田がセカンドに定着したくらいでしょうか。下園と後藤が機能しなかったのもあって代打が非常に弱かったことが強烈に記憶に残っています。


来季、このまま優勝!は難しそう。せっかく大和を獲得したし、弱すぎる代打の強化およびショートの守備難を鑑みて倉本を代打の1番手にしてみるとかどうでしょう。左のクラッチヒッターなので下園の後継者になれると思うんですけども。あとセカンド守備覚えてもらえれば柴田に代打が出せる。今年下園切って来年は後藤の番でしょうから右の代打は白根に任せてもらいたいです。

崖っぷち

..                     ____
                  |_☆_|_
                ⊂( ^ω^)
                  ヽ ⊂ )
                   (⌒) |
                       `J  
    ____      ____       ____       ____      ___ 
    |__ C __|_   |__ T __|_     |__ G _|_    |__ D__|_   |__ YS__|_
  <⌒ヽ--つ:   <⌒ヽ--つ:   <⌒ヽ--つ:   <⌒ヽ--つ: .<⌒ヽ--つ: 
  <__つ_つ  <__つ_つ   <__つ_つ  <__つ_つ  <__つ_つ

     オ  ー !! グ  レ  ー  ト  セ  ン  ト  ラ  ル !!


ベイスターズを信じます。

消しゴム

ひさびさにベイスターズ以外の話題を。
最近ビビッとくるシャーペンが見つからなかったのと、そろそろ機能的かつ面白い消しゴムが欲しいと思ってたところだったのです。
普段使ってるのがモノかレーダーなんですけど、レーダーの特別パッケージが出てたので入手してきました。
f:id:Lounge:20170831233551j:plain
茶色のチョコモデル。品名に「チョコレーダー」と書いてあるところに洒落っ気があります。
ちなみに左に写ってる箱はついでに買ってきたSEED(レーダーのメーカーです)の高級モデル消しゴム「SEED GOLD」です。
f:id:Lounge:20170831233737j:plain
中身はこんな感じ。とてもつよそう
スリーブがアルミ製で消しゴムは天然ゴム製だそうです。普段使いできるわけねえだろこんなの。
いつかオレンズネロでも入手したらセットで使ってみようかなと思ってます。


この二つとは別の店で、変態度の高い消しゴムを発見しました。
f:id:Lounge:20170831234155j:plain
ナカバヤシのロジカル消しゴムです。同社が作ってるロジカルノート(図が書きやすい少し値が張るノートです)のシリーズ消しゴムといったところでしょうか。
この消しゴム、なにが特徴かというと2種類の消しゴムが組み合わさった消しゴムで、スライドして使うという変わり種です。
f:id:Lounge:20170831234457j:plain
ちょっとわかりづらいですけど消しゴムをスライドしてみました。下の黒い左に突き出ているのがミニ消しゴムです。
はっきり言って実用的かと言われると?なところですけど消しゴム自体の性能はけっこう良いので変なもの好きの人は買ってみてはどうでしょうか。
ちなみにノートよろしくこの消しゴムもちょっと値が張って150円します。


話変わるんですけどオレンズネロ品薄すぎませんか?発売から半年経とうというのにどこ探しても見つからないし予約もできないってどういうことなんですかね。生産ペースが需要に追いつかないのは技術上仕方ないとしても高額転売が横行してる以上予約販売とかしてくれたっていいのに…
気長に待とうと思います。

近況

まあまあ元気です。ちょっと夏バテ気味です。

最近このブログでベイスターズの話しかしてないですが、単に他の話題がないだけです。日々を刹那的に生きている感じがして、さすがにまずいなと思うときもあるけれど結局なにか変えることはできないままなのです。

そのベイスターズですが、後半戦いいスタートを切ってます。なんか毎日のように勝ち試合見てる気がする。ベイスターズ、つおい!つおいお!( ^ω^)
昨日の時点で単独2位になったそうです。中継ぎが疲弊してきているなかヤマヤスが非常に頑張ってくれています。CS行こうな🔥

アイドントライクバティスタサン

ベイスターズは前半戦5割確定ですって。すごいわね。
いつの間にか5割の壁ぶち破ってなんか好調なり。ナゴドでも大野にタコられたと思ったら若手二人燃やしてあっさり勝ち越し。
んで、今日の試合でしたね。
あの場面で失敗しなかったエスコバーでポジろうと思います。期待値低すぎるとか言わないで。他?今永以外に誉める要素あった?今永も一番やっちゃいけないとこで飛翔定期やらかすし7回2失点でも印象はいまいち。
勝ち越しとか贅沢言わないんでせめて1つ勝って帰ってきてください。つっても一番勝てそうだった今日であれだと明日明後日どうすんのって感じですが打線としては鯉のエースノムスケよりは岡田くんのほうがイメージ良いかもしれないし可能性はゼロではない。
とりあえずタナケンは明日朝イチで横須賀に行って少し休んでてください。ここ数試合登板しては点取られてますよねあなた、それならエスコバーでも出来るんで。

求む!広島と互角に戦える中継ぎ。

神を見たことはあるか?

神を見たことはありますか?
私は昨日見ました。

f:id:Lounge:20170702082419p:plain

端的に言えば昨日の試合は最悪の結末が一転100点満点の結末に変わった試合でした。

三上が燃え、火消しに出てきた加賀に勝ちがついたことで三上の勝ち星盗みも阻止、桑原はもちろんですが最終回カミネロから早々とヒットを打ち出塁した宮崎、二死から代打でヒットの乙坂がいてこそのグラスラでした。実は二死で乙坂出てきたとき普通に負けたと思いました。乙坂ほんとごめん、まさかあそこからヒット死球グラスラなんて奇跡が起こるとは思ってなかったんだ。

ただ最終回以外は森福や高木にさえ抑え込まれていたわけで、手放しに喜べるわけでもないです。そんな打線で山口俊をボロクソに燃やす?さすがに山口に失礼でしょう。彼が本気を出したときの力はベイスターズファンが一番よく知っているはずです。

今日の試合は今永と山口、両投手による締まった投手戦を期待しています。できれば今永完封で山口に1失点完投負け(自責点0)やってほしいな。

交流戦総括

遅まきながら。

とりあえず5割で終えたのはよかった。例年セリーグは大きく負け越すので5割で順位上げられるケースが多かったですが今年は巨ヤク以外5割超えということで…ついてなかったね。
濱口が大きく勝てたのが一番の収穫でしょうか。あと戸柱と宮崎がその名を他球団に轟かせたのもよかったです。

筒香は調子上がってきませんね。たぶん今季は去年ほど上手くいかない年なんでしょう。そんな彼は交流戦を通じて「繋ぎの4番」という選択肢を見せてくれたように感じられました。ロペスが打って、筒香がなんとか塁に出て宮崎や戸柱が返す。不調なら不調なりに闘う姿勢を見せてくれるキャプテンの今後に注目です。

リリーフは概ね問題ない…はずですが最終戦の流れはかなり不安を覚えました。勝ち継投で試合落とすのは勘弁してほしい。というと一部のファン(笑)に「あれは倉本が悪いのだ」と力説されましたが失点の直接原因はいずれもホームランですからそんなのはただの言い訳です。エラー一つで大崩壊するようなピッチャーを勝ちゲームで出すな。

今日リーグ戦が再開しましたがさっそくベイスターズは負けました。先が思いやられますね。


それでは。